2018年

10月

05日

橘アルチンドロからのメッセージです

2018年

10月

03日

中川パルピニョールからのメッセージです

2018年

9月

28日

井元ショナールからのメッセージです

2018年

9月

24日

大西コッリーネからのメッセージです

2018年

9月

22日

河村ロドルフォからのメッセージです

2018年

10月

05日

橘アルチンドロからのメッセージです

2018年

10月

03日

中川パルピニョールからのメッセージです

2018年

9月

28日

井元ショナールからのメッセージです

2018年

9月

24日

大西コッリーネからのメッセージです

2018年

9月

22日

河村ロドルフォからのメッセージです

2018年

10月

05日

橘アルチンドロからのメッセージです

2018年

10月

03日

中川パルピニョールからのメッセージです

2018年

9月

28日

井元ショナールからのメッセージです

2018年

9月

24日

大西コッリーネからのメッセージです

2018年

9月

22日

河村ロドルフォからのメッセージです

2018年

9月

21日

立ち稽古 vo.2

児童合唱も入っての立ち稽古でした。

この写真は立ち位置記録用、という事で撮影したのですが、余りにも皆さんの表情や雰囲気が良くて今回のブログに使用致しました。

2幕の稽古は出演人数も多く大変ですが、稽古場のエネルギーも高くて充実した時間となっております。

本日から4日連続の稽古。

どんどん固めて参りましょう!

 

2018年

9月

17日

立ち稽古 vol.1

粗立ち期間も終わり、立ち稽古の日々に入りました。

写真は2幕稽古中のスナップ。

毎日曇天か雨天で稽古場の湿気も凄い中で、出演者、スタッフ共に試行錯誤頑張っております。

あとは細かい部分をどんどん詰めていって、完成度を高める期間。

今夜は合唱部分の立ち稽古です!

2018年

9月

11日

嶋本ベノアからのメッセージです

2018年

9月

10日

粗立ち稽古 vo.4

粗立ちも進んで参りました。

昨夜はいよいよ児童合唱も合流し、ソリストや大人の合唱との初めての稽古になります。

写真のセンターにいるのは児童合唱をご指導されている添田先生。

2幕では教え子達と一緒に舞台に出る事になりました。

可愛い子供が沢山登場します2幕。

18分の一番短い幕ですが、是非お楽しみに!

 

2018年

9月

08日

中西ムゼッタからのメッセージです

2018年

9月

04日

粗立ち稽古 vol.3

粗立ち稽古もだんだんと進んで参りました。

昨夜は嶋本ベノアの部分、、、つまり1幕の家賃取り立てのシーンを作って行きました。

写真左より大西コッリーネ、欠席のショナール代役八乙女演出家、嶋本ベノア、河村ロドルフォ、菅野マルチェロ。

毎回ごとに、予想もしない変化球を放り込んで来る嶋本ベノアに現場は笑いがこぼれます。

本番はどういうぶっ込みががあるのか、ドキドキですが短いながらも濃いこのシーン、是非お見逃し無く!

 

2018年

9月

03日

合唱立ち稽古開始!

昨日、いよいよ合唱の立ち稽古が始まりました。

写真の右手におります八乙女演出家(青い服)より、まずざっくりとしたステージの説明から始まり、合唱団員それぞれに「物売り」「町歩きを楽しんでいる人」「カフェでカードゲームをしている人」などの役割を振っていき、おのおのが動線など干渉したりしないか確かめながら稽古が進んできます。

 

本番まであと1ヶ月と5日となりましたが、アルト、テノール、バリトンの各1名程度の募集をしております。

もしご興味が御座いましたら、miyako_opera@yahoo.co.jpまで是非ご連絡下さいませ。

こちらより折り返し稽古日程や諸条件をお送りさせて頂きます。

 

2018年

8月

25日

菅野マルチェロからのメッセージです

2018年

8月

22日

粗立ち稽古 vol.2!

前回のミミ、ロドルフォに続いて、今回は中西ムゼッタと菅野マルチェロのスナップショット。

前回と同じく、2人の表情やマルチェロがムゼッタ腕を持っている事で、どこのシーンの稽古かお分りになるかも知れません。

写真では演技上厳しい表情のお2人ですが、稽古場の端っこでは演技の相談などで談笑しているカップル。

本番までのあと1ヶ月半で、最終的にどのような雰囲気になるのかとても楽しみです!

 

2018年

8月

19日

粗立ち稽古!

いよいよ立ち稽古が始まりました!
まずは「粗立ち」と言う演出家の方向性や、ざっくりとやりたい事を示す粗めの稽古から始まります。

写真は長良ミミと河村ロドルフォ。

物語をご存知の方なら、切なげなお二人の表情で何幕のどのシーンかお分かりになるかも知れません。

これからも稽古のオフショットは随時掲載予定です!

2018年

8月

18日

長良ミミからのメッセージです!

本日より立ち稽古が始まりました!
ミミの長良さんより皆様へ、メッセージをお届け致します!

続きを読む

2018年

8月

17日

ソリスト合唱合同リハーサル!

初回のリハーサルから約2週間。
ソリストと合唱に分かれて行って参りましたリハーサルも、昨夜は合同で稽古が進められました。

初回の合同稽古で良く有る事なのですが、ソリストに聴き惚れて落ちてしまう(=歌うべき所を忘れて通過してしまう)合唱の方多数。

 

写真は前列がソリストで、手前より長良ミミ、河村ロドルフォ、大西コッリーネ、井元ショナール、菅野マルチェッロ、立っているお二人が中西ムゼッタ、橘アルチンドロ、そして中川パルピニョール、というスナップ。

いよいよ明日から立ち稽古!

今回も各ソリストからのビデオメッセージを配信予定です!

 

2018年

8月

16日

児童合唱稽古!

ソリスト、合唱団の稽古に続き、児童合唱団「ふぃるふぃ〜る」のリハーサルも始まりました。

いつもご指導されている鈴木、添田両先生のリードのもと、恐らくイタリア語を初めて発音する児童合唱の子供達にも「La Ritirata!の”リ”は巻き舌で!」とか発音を説明しながら進んでいきます!

今週末より立ち稽古も予定しており、公演まであと約50日になりました。

 

今回は初めての指定席販売(一部自由席もあり)となっており、センターブロックから売れております。

チケットのお求めは、miyako_opera@yahoo.co.jpまでお申し込み下さいますと、こちらより返信させて頂きます。

(前の方とか中央寄り、とかコメント頂けますとその時点で出来るだけ沿う席をご用意させて頂きます)

 

2018年

8月

02日

合唱稽古開始!

昨日のソリスト音楽稽古に続いて、本日は合唱稽古も開始されました。

過去の「メリー・ウィドゥ」や「蝶々夫人」公演以来のお久しぶりの方や、本日初めましての方まで。

当公演の合唱団員はまだ募集しておりますので、ご興味の有る方はウェブサイトのメールフォームからお知らせ頂けます様お願い致します。

2018年

8月

01日

稽古初日!

10月公演「ラ・ボエーム」の稽古初日でした。

部屋の大きさとカメラの画角の関係で長良ミミが見切れてしまっており、かなり暑苦しいスナップではございます。

(男性キャストに囲まれて困惑中の中西ムゼッタ、という感じ?)

明日は合唱音楽稽古も始まり、リハーサルもこれから本格化してゆきます。

 

 

2018年

4月

18日

ボエームキャスト発表

2018年

1月

18日

オーディション要項

みやこオペラ京都 第5回定期公演「ラ・ボエーム」

オーディション実施要項

 

 

 若手歌手がいち早く実践的に舞台経験出来るようにと2013年に「椿姫」にて旗揚げされました当団体も「蝶々夫人」「魔笛」「泣いた赤鬼」「メリー・ウィドゥ」と定期的にオペラ公演を実施し、201810月の第5回定期公演はプッチーニの代表作であります「ラ・ボエーム」を上演する事になりました。

 これまでオーディションはせずにキャスティングを行って参りましたが、定期公演として5回目の節目でもあり、今公演は幅広い方々よりのご参加を募りたくオーディションを行う事に致しました。

 つきましては下記の内容にて参加者の公募を行いたく告知致します。

 

 

【公演名】

みやこオペラ京都 第5回記念定期公演 プッチーニ作曲「ラ・ボエーム」全4幕

(ピアノとエレクトーン伴奏による原語公演)

 

【公演日時】  

2018108(月・祝) 13時開演(予定)

 

【公演場所】

大東市・サーティーホール(1202席)

所在地: 574-0037 大阪府大東市新町13-30

電話: 072-873-0030

 

【募集キャスト(オーディション歌唱部分)】※リコルディ版ヴォーカルスコアによる

ミミ:p69(L-3)Si mischiamo Mimi」〜P74importunate」/p181(L-2)C’e Rodolfo?~P186Marcello?

ムゼッタ:P130Quando me’n vo」〜P139(Or convien liberarsi del vecchio!)

ロドルフォ:P64Che gelida manina」〜P69Vi piaccia dir!」/P228O Mimi tu più non torni」〜P231(L-2)morto amor…

ショナール:P25E mi presento」〜P32(L-3)ma si pranzi fuor!

マルチェロ:P140Gioventù mia」〜P143ad aprir!」/P 228Io non so come sia」〜P231vil mio cuor…

コッリーネ:P258Vecchia zimarra,senti」〜P259(L-4)addio,addio

ベノア:任意のアリア

アルチンドロ:任意のアリア

パルピニョール:任意のアリア

暗譜でなくても結構です。また当日は歌唱範囲を指定させて頂く事がございます。

 

 

【オーディション日時/会場】

2018314日() 19時開始予定

会場:西宮市・中央公民館講堂(控室:401集会室)

 

【応募資格】

次の①~⑤の条件を満たす方に限ります

 

 音楽大学卒業、またはそれと同等の歌唱、演技スキルをお持ちの方

 原則として、公演日(2018108日)に39歳未満であり、心身ともに健康な方

 主催の指定する日時・会場で、稽古及び公演に参加できる方

 チケット販売に協力頂ける方

 電話やメールなどでの連絡のやり取りが円滑に行える方

 

【稽古概要】

8月より音楽稽古数回のあと、20回前後の立ち稽古を予定しております

また粗通し(9月30日)、通し稽古(103日)、オケ合わせ(106日を予定)、G.P107日)には出席必須ですので、この日程に稽古参加できない方は原則応募できません事、あらかじめご了承ください。

 

【審査員】

金丸 克己(当該公演責任者)、 八乙女 空(当該公演演出家)

 

【オーディション伴奏】

西尾 麻貴

 

【オーデョション参加費用】

無料(ピアノ伴奏料金も無料)

 

【申込方法】

miyako_opera@yahoo.co.jpまで「【ボエーム】オーディション申し込み」とメールタイトルにて、下記内容を本文に記入の上送信下さい。

 

1.お名前(ふりがな)

2.生年月日(公演日基準での年齢)

3.出演希望キャスト名

4.ご卒業大学、これまでに師事した先生など

5.歌った事のあるレパートリーなど(記入任意)

6.当日の伴奏者のご同伴(有/無)※有る場合伴奏者名

7.希望キャスト以外での出演(可/非)※オーディション後、改めてご出演の可否の確認有

8.連絡の取れる電話番号(必須)、メールアドレス(必須)、ご住所(任意)

(9.ベノア、アルチンドロ、パルピニョールの方は当日歌唱のアリア曲名)

 

締め切り:201837日(水)23:59到着分まで(締め切り後のエントリーは無効です)

メールをお送り頂きますと、こちらより必ずオーディション番号などをお書きしたエントリー確認メールを返信致します。

またエントリー後3日以内に返信メールが届きません場合、大変お手数ですが再度のご連絡をお願い致します。

また、結果の発表は3月20日にみやこオペラ京都公式サイト内「Ope-log」にてオーディション番号を掲示させて頂き、該当者にはこちらより改めてご連絡差し上げます。

 

【チケット負担、出演料について】

大変心苦しいのですが、今公演はチケット販売(前売り券:4,500円)のご負担が御座います。

 

ミミ、ムゼッタ:45枚

ロドルフォ:35枚

マルチェロ、コリーネ:25枚

ショナール:20枚

ベノア、アルチンドロ:15枚

パルピニョール:12枚

(上記ご負担枚数を超えての販売に関しましては、1枚につき500円の販売手数料をお支払い致します)

 

また、チケット代金は2度の分納になり「立ち稽古初日」と「通し稽古日」に、ゆうちょ銀行送金にてお支払い下さい。

ご出演謝金を本番当日にお支払い予定ですが、稽古や本番に掛かる交通費、宿泊費などは各自の負担となります。

 

【その他】

・伴奏者はこちらでもご用意が御座いますが、御同伴頂く事も可能です

(またオーディション時にテンポやアゴーギグなど、伴奏者との打ち合わせも出来ます様に時間を取る様にします)

・オーデョションの結果、ご希望のキャストでは無いキャスト、またはアンダーキャストを依頼する場合があり、改めてこちらよりご連絡致する事が御座います。その時点で御出演の可否などお知らせ下さい。

・オーディションは録音ならびに録画させて頂く場合がございます。またそれらは内部資料としてのみ使用し、外部に発表する事は御座いません。

・ベノア、アルチンドロ、パルピニョールの方は、事前に当日歌唱される曲の楽譜を送付頂きます。(PDFデータをお持ちでしたら、メール送信でも受付致します)

・またご不明点など御座いましたらmiyako_opera@yahoo.co.jpまでお問い合わせ下さい。

・要項pdfはhttps://yahoo.jp/box/cjBZvqからダウンロード可能です。

 

 

2018年

1月

05日

オーディション開催告知!

明けましておめでとう御座います。

いよいよ2018年になりました。

2013年より公演を続けて参りました当団体も、次の公演で第5回という節目になりました。

ついに念願の「ボエーム」公演。

これまで以上に大掛かりな、そして大変な運営になるかと思いますが、5回目の記念公演と位置づけまして、初のオーディションを行い、公募キャストによる公演となりました。

オーディションは3月14日に西宮市内にて行う予定で、今要項作成の最終段階に入っております。

出来上がり次第お知らせ致しますので、今暫くお待ち下さい。

本年も何卒宜しくお願い申し上げます!

 

2017年

4月

10日

本番終了!

 

あっという間に一週間経ってしまいましたが、4月2日に定期公演「メリー・ウィドゥ」無事に終える事が出来ました。
これまで公演を行って参りましたホールの規模を考えると、大東のサーティホールというのはこれまでより遥かにキャパシティが大きく、様々な準備などが追いつかず本番前ラスト1週間は一刻の猶予もない程のバタバタでした。
そんな中でも出演キャストやホールスタッフ、舞台スタッフの皆様に支えて頂きながらも何とか本番を無事終える事が出来ました事、心より御礼申し上げます。


春らしい天候になった当日はお客様も多くご来場下さり、今回初めて使用致しましたエレクトーンの演奏も非常に好評で、公演が終わった今は「全ての苦労は報われた!」という気持ちが溢れております。
次の定期公演までは1年半以上あり、これから小さな公演を含め、また少しずつ準備を始めて参ります。
今後とも、みやこオペラ京都にご理解、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。
ありがとうございました。

 

 

0 コメント

2017年

3月

31日

稽古終了!

昨夜のリハーサルを持ちまして、全ての稽古が終了しました。

最後の最後は恒例?の音楽稽古で締め、となりました。

立ち稽古を進めていく過程において、段々音楽的な面のが曖昧になったり、いつの間にか以前と変わってしまっている事の確認、打ち合わせ、という作業です。

 

これで稽古場を離れ、本日よりいよいよ小屋入りとなります。

公演まであと数日。

出演者一同焦りもあるのですが「あと数日なんて信じられない!」「いや、あくまで”来月”だと思って落ち着こう!」「いやいや、もっと言うと、来年(度)の本番だ、時間はまだまだある!」という出演者同士の会話も。

 

まだ少し寒さが残る週末になりそうですが、日曜の午後のひととき、是非大東市・サーティホールまでお越し下さい。

出演者一同お待ちしております!

 

 

 

0 コメント

2017年

3月

30日

稽古終了!

本日の投稿は写真がありません。

今夜の稽古で、いわゆるリハーサルを終え、稽古場での作業を全て終えました。

総決算の夜コマでは、立ち稽古でいい加減になっていたり、いつの間にか変わってしまっていた所を音楽的な部分でチェック。

そして明日は午後に小屋入りしてまずエレクトーンとピアノの最終リハーサル。

夜コマはキャストとの合わせになります。

まだチケットは販売しておりまので、お近くの出演者、またはみやこオペラ京都までご連絡下さい!

 

 

0 コメント

2017年

3月

17日

稽古再開!

約10日のオフ期間を経て、稽古が再開されました。

なかなかスケジュールが揃わなかったソリスト陣も、昨夜はついにセプテット行進曲(あれ?8名いる???)も「全員集合!」のかけ声とともに稽古が始まります。

1回通した後は若手からベテランまで分け隔てなく全員酸欠状態に。。。

皆さん、頑張っておられます!

さて、本番の完成度はいかに!?

 

4/2の午後、是非大東市・サーティホールまでお越し下さい!

チケットはサーティホール、大東楽器、そして出演者も扱っております!

(もちろん本部でも販売しておりますので miyako_opera@yahoo.co.jp にてご注文を受け付けております)

- -

【公演概要】

みやこオペラ京都 第4回定期公演

     

F.レハール作曲 喜歌劇「メリー・ウィドゥ」

(全3幕 ピアノとエレクトーン伴奏による日本語公演)

 

日時:2017年4月2日(日) 13時開演

場所:大東市サーティホール 大ホール 

(JR学研都市線 住道駅下車 徒歩6分)

 

チケット:4,500円(当日500円増し)※全自由席

 

 【スタッフ】

<指揮> 金丸 克己  <演出> 澤脇 達晴  <合唱指揮>高谷 光信

<演奏> 西尾 麻貴(ピアノ) 亀井 杏菜(エレクトーン)

 

【キャスト】

ハンナ・グラヴァリ:納谷 知佐

ミルコ・ツェータ男爵:仲田 尋一

ヴァランシェンヌ:矢野 文香

ダニロ・ダニロヴィッチ伯爵:晴 雅彦

カミーユ:矢野 勇志

カスカーダ:石川 太一

ラウール・ド・サンブリウォッシュ:福西 仁

ボグダノヴィッチ:北村 僚真

シルヴィアーヌ:眞弓 理那

ニエグシュ:岡田 力(兵庫県立ピッコロ劇団)

プリチッチュ:榎 大輔

プラシコヴィア:奥田 敏子

クロモウ:近藤 勇斗

オルガ:石津 沙紀

 

グリゼット:佐々木 ひかる、長谷川 紗希、岡田 真由子、長太優子、飯田 有紀、冨岡 晶子

 

 

 

0 コメント

2017年

3月

06日

集中稽古!

立ち稽古第2クールが始まりました!

思い出し自主稽古の後、演出家が来阪され、前回出来なかった部分の立ち稽古となりました。

そして学校行事などで2月まで参加出来なかった、未来を担う超若手ソリスト達も稽古場にやってきて、合唱参加コマなどは参加人数も多く非常に活気づいた稽古場となっております。

この土日の4コマ稽古で殆どの場面の演出プランが示され、10日ほどの稽古お休みの期間に各自で演技を熟成させる時間、となります。

第3クールから本番までノンストップですので、この期間に出演者、スタッフも「本番への最終準備」をしておく期間という感じでしょうか。

出演者だけではなく、音楽、演出スタッフもこの稽古休み期間は、稽古日以上に走り回る日々、かも知れません。

今回の公演会場はこれまでで一番広く、とても楽しみな反面、本番の舞台が客席からどう見えるのかという事もあり、関係者一同ドキドキな日々を過ごす事となります。

 

0 コメント

2017年

2月

21日

打ち合わせ中!

立ち稽古に先駆け、大阪某所にて澤脇演出家と八乙女演出助手で打ち合わせ。

今回の「メリー」は出演人数が多いですから、前もってきちんと整理して稽古に入ろう!との試み。

結果、5時間の打ち合わせでも最後までたどり着かず!残念!

残りは稽古の細かい隙間でやって参ります。

3月から稽古は本格化していきます。

 

0 コメント

2017年

2月

13日

立ち稽古開始!

いよいよ「メリー・ウィドゥ」の立ち稽古が始まりました。

初日から、出席メンバーで出来る部分をどんどん進めていきます。

週末の2コマで、合唱部分を中心に粗立ち(ざっくりとした演出プランの提示)を行いました。

(写真中心は納谷ハンナ、左側には演技指導中の澤脇演出家)

4年目、5回目の公演にして、ようやく初回稽古から現場がスムーズに回っている感触で、このまま4/2の本番まで一気に吹き上がって行けるようにせねばなりません。

次回以降の写真掲載になりますが、佐々木ひかる隊長率いるグリゼットの踊りにも注目です。

今後も定期的に現場写真をお届けして参ります!

 

 

0 コメント

2018年

10月

05日

橘アルチンドロからのメッセージです

2018年

10月

03日

中川パルピニョールからのメッセージです

2018年

9月

28日

井元ショナールからのメッセージです

2018年

9月

24日

大西コッリーネからのメッセージです

2018年

9月

22日

河村ロドルフォからのメッセージです

2018年

9月

21日

立ち稽古 vo.2

児童合唱も入っての立ち稽古でした。

この写真は立ち位置記録用、という事で撮影したのですが、余りにも皆さんの表情や雰囲気が良くて今回のブログに使用致しました。

2幕の稽古は出演人数も多く大変ですが、稽古場のエネルギーも高くて充実した時間となっております。

本日から4日連続の稽古。

どんどん固めて参りましょう!

 

2018年

9月

17日

立ち稽古 vol.1

粗立ち期間も終わり、立ち稽古の日々に入りました。

写真は2幕稽古中のスナップ。

毎日曇天か雨天で稽古場の湿気も凄い中で、出演者、スタッフ共に試行錯誤頑張っております。

あとは細かい部分をどんどん詰めていって、完成度を高める期間。

今夜は合唱部分の立ち稽古です!

2018年

9月

11日

嶋本ベノアからのメッセージです

2018年

9月

10日

粗立ち稽古 vo.4

粗立ちも進んで参りました。

昨夜はいよいよ児童合唱も合流し、ソリストや大人の合唱との初めての稽古になります。

写真のセンターにいるのは児童合唱をご指導されている添田先生。

2幕では教え子達と一緒に舞台に出る事になりました。

可愛い子供が沢山登場します2幕。

18分の一番短い幕ですが、是非お楽しみに!

 

2018年

9月

08日

中西ムゼッタからのメッセージです

2018年

9月

04日

粗立ち稽古 vol.3

粗立ち稽古もだんだんと進んで参りました。

昨夜は嶋本ベノアの部分、、、つまり1幕の家賃取り立てのシーンを作って行きました。

写真左より大西コッリーネ、欠席のショナール代役八乙女演出家、嶋本ベノア、河村ロドルフォ、菅野マルチェロ。

毎回ごとに、予想もしない変化球を放り込んで来る嶋本ベノアに現場は笑いがこぼれます。

本番はどういうぶっ込みががあるのか、ドキドキですが短いながらも濃いこのシーン、是非お見逃し無く!

 

2018年

9月

03日

合唱立ち稽古開始!

昨日、いよいよ合唱の立ち稽古が始まりました。

写真の右手におります八乙女演出家(青い服)より、まずざっくりとしたステージの説明から始まり、合唱団員それぞれに「物売り」「町歩きを楽しんでいる人」「カフェでカードゲームをしている人」などの役割を振っていき、おのおのが動線など干渉したりしないか確かめながら稽古が進んできます。

 

本番まであと1ヶ月と5日となりましたが、アルト、テノール、バリトンの各1名程度の募集をしております。

もしご興味が御座いましたら、miyako_opera@yahoo.co.jpまで是非ご連絡下さいませ。

こちらより折り返し稽古日程や諸条件をお送りさせて頂きます。

 

2018年

8月

25日

菅野マルチェロからのメッセージです

2018年

8月

22日

粗立ち稽古 vol.2!

前回のミミ、ロドルフォに続いて、今回は中西ムゼッタと菅野マルチェロのスナップショット。

前回と同じく、2人の表情やマルチェロがムゼッタ腕を持っている事で、どこのシーンの稽古かお分りになるかも知れません。

写真では演技上厳しい表情のお2人ですが、稽古場の端っこでは演技の相談などで談笑しているカップル。

本番までのあと1ヶ月半で、最終的にどのような雰囲気になるのかとても楽しみです!

 

2018年

8月

19日

粗立ち稽古!

いよいよ立ち稽古が始まりました!
まずは「粗立ち」と言う演出家の方向性や、ざっくりとやりたい事を示す粗めの稽古から始まります。

写真は長良ミミと河村ロドルフォ。

物語をご存知の方なら、切なげなお二人の表情で何幕のどのシーンかお分かりになるかも知れません。

これからも稽古のオフショットは随時掲載予定です!

2018年

8月

18日

長良ミミからのメッセージです!

本日より立ち稽古が始まりました!
ミミの長良さんより皆様へ、メッセージをお届け致します!

2018年

8月

17日

ソリスト合唱合同リハーサル!

初回のリハーサルから約2週間。
ソリストと合唱に分かれて行って参りましたリハーサルも、昨夜は合同で稽古が進められました。

初回の合同稽古で良く有る事なのですが、ソリストに聴き惚れて落ちてしまう(=歌うべき所を忘れて通過してしまう)合唱の方多数。

 

写真は前列がソリストで、手前より長良ミミ、河村ロドルフォ、大西コッリーネ、井元ショナール、菅野マルチェッロ、立っているお二人が中西ムゼッタ、橘アルチンドロ、そして中川パルピニョール、というスナップ。

いよいよ明日から立ち稽古!

今回も各ソリストからのビデオメッセージを配信予定です!

 

2018年

8月

16日

児童合唱稽古!

ソリスト、合唱団の稽古に続き、児童合唱団「ふぃるふぃ〜る」のリハーサルも始まりました。

いつもご指導されている鈴木、添田両先生のリードのもと、恐らくイタリア語を初めて発音する児童合唱の子供達にも「La Ritirata!の”リ”は巻き舌で!」とか発音を説明しながら進んでいきます!

今週末より立ち稽古も予定しており、公演まであと約50日になりました。

 

今回は初めての指定席販売(一部自由席もあり)となっており、センターブロックから売れております。

チケットのお求めは、miyako_opera@yahoo.co.jpまでお申し込み下さいますと、こちらより返信させて頂きます。

(前の方とか中央寄り、とかコメント頂けますとその時点で出来るだけ沿う席をご用意させて頂きます)

 

2018年

8月

02日

合唱稽古開始!

昨日のソリスト音楽稽古に続いて、本日は合唱稽古も開始されました。

過去の「メリー・ウィドゥ」や「蝶々夫人」公演以来のお久しぶりの方や、本日初めましての方まで。

当公演の合唱団員はまだ募集しておりますので、ご興味の有る方はウェブサイトのメールフォームからお知らせ頂けます様お願い致します。

2018年

8月

01日

稽古初日!

10月公演「ラ・ボエーム」の稽古初日でした。

部屋の大きさとカメラの画角の関係で長良ミミが見切れてしまっており、かなり暑苦しいスナップではございます。

(男性キャストに囲まれて困惑中の中西ムゼッタ、という感じ?)

明日は合唱音楽稽古も始まり、リハーサルもこれから本格化してゆきます。

 

 

2018年

4月

18日

ボエームキャスト発表

2018年

1月

18日

オーディション要項

みやこオペラ京都 第5回定期公演「ラ・ボエーム」

オーディション実施要項

 

 

 若手歌手がいち早く実践的に舞台経験出来るようにと2013年に「椿姫」にて旗揚げされました当団体も「蝶々夫人」「魔笛」「泣いた赤鬼」「メリー・ウィドゥ」と定期的にオペラ公演を実施し、201810月の第5回定期公演はプッチーニの代表作であります「ラ・ボエーム」を上演する事になりました。

 これまでオーディションはせずにキャスティングを行って参りましたが、定期公演として5回目の節目でもあり、今公演は幅広い方々よりのご参加を募りたくオーディションを行う事に致しました。

 つきましては下記の内容にて参加者の公募を行いたく告知致します。

 

 

【公演名】

みやこオペラ京都 第5回記念定期公演 プッチーニ作曲「ラ・ボエーム」全4幕

(ピアノとエレクトーン伴奏による原語公演)

 

【公演日時】  

2018108(月・祝) 13時開演(予定)

 

【公演場所】

大東市・サーティーホール(1202席)

所在地: 574-0037 大阪府大東市新町13-30

電話: 072-873-0030

 

【募集キャスト(オーディション歌唱部分)】※リコルディ版ヴォーカルスコアによる

ミミ:p69(L-3)Si mischiamo Mimi」〜P74importunate」/p181(L-2)C’e Rodolfo?~P186Marcello?

ムゼッタ:P130Quando me’n vo」〜P139(Or convien liberarsi del vecchio!)

ロドルフォ:P64Che gelida manina」〜P69Vi piaccia dir!」/P228O Mimi tu più non torni」〜P231(L-2)morto amor…

ショナール:P25E mi presento」〜P32(L-3)ma si pranzi fuor!

マルチェロ:P140Gioventù mia」〜P143ad aprir!」/P 228Io non so come sia」〜P231vil mio cuor…

コッリーネ:P258Vecchia zimarra,senti」〜P259(L-4)addio,addio

ベノア:任意のアリア

アルチンドロ:任意のアリア

パルピニョール:任意のアリア

暗譜でなくても結構です。また当日は歌唱範囲を指定させて頂く事がございます。

 

 

【オーディション日時/会場】

2018314日() 19時開始予定

会場:西宮市・中央公民館講堂(控室:401集会室)

 

【応募資格】

次の①~⑤の条件を満たす方に限ります

 

 音楽大学卒業、またはそれと同等の歌唱、演技スキルをお持ちの方

 原則として、公演日(2018108日)に39歳未満であり、心身ともに健康な方

 主催の指定する日時・会場で、稽古及び公演に参加できる方

 チケット販売に協力頂ける方

 電話やメールなどでの連絡のやり取りが円滑に行える方

 

【稽古概要】

8月より音楽稽古数回のあと、20回前後の立ち稽古を予定しております

また粗通し(9月30日)、通し稽古(103日)、オケ合わせ(106日を予定)、G.P107日)には出席必須ですので、この日程に稽古参加できない方は原則応募できません事、あらかじめご了承ください。

 

【審査員】

金丸 克己(当該公演責任者)、 八乙女 空(当該公演演出家)

 

【オーディション伴奏】

西尾 麻貴

 

【オーデョション参加費用】

無料(ピアノ伴奏料金も無料)

 

【申込方法】

miyako_opera@yahoo.co.jpまで「【ボエーム】オーディション申し込み」とメールタイトルにて、下記内容を本文に記入の上送信下さい。

 

1.お名前(ふりがな)

2.生年月日(公演日基準での年齢)

3.出演希望キャスト名

4.ご卒業大学、これまでに師事した先生など

5.歌った事のあるレパートリーなど(記入任意)

6.当日の伴奏者のご同伴(有/無)※有る場合伴奏者名

7.希望キャスト以外での出演(可/非)※オーディション後、改めてご出演の可否の確認有

8.連絡の取れる電話番号(必須)、メールアドレス(必須)、ご住所(任意)

(9.ベノア、アルチンドロ、パルピニョールの方は当日歌唱のアリア曲名)

 

締め切り:201837日(水)23:59到着分まで(締め切り後のエントリーは無効です)

メールをお送り頂きますと、こちらより必ずオーディション番号などをお書きしたエントリー確認メールを返信致します。

またエントリー後3日以内に返信メールが届きません場合、大変お手数ですが再度のご連絡をお願い致します。

また、結果の発表は3月20日にみやこオペラ京都公式サイト内「Ope-log」にてオーディション番号を掲示させて頂き、該当者にはこちらより改めてご連絡差し上げます。

 

【チケット負担、出演料について】

大変心苦しいのですが、今公演はチケット販売(前売り券:4,500円)のご負担が御座います。

 

ミミ、ムゼッタ:45枚

ロドルフォ:35枚

マルチェロ、コリーネ:25枚

ショナール:20枚

ベノア、アルチンドロ:15枚

パルピニョール:12枚

(上記ご負担枚数を超えての販売に関しましては、1枚につき500円の販売手数料をお支払い致します)

 

また、チケット代金は2度の分納になり「立ち稽古初日」と「通し稽古日」に、ゆうちょ銀行送金にてお支払い下さい。

ご出演謝金を本番当日にお支払い予定ですが、稽古や本番に掛かる交通費、宿泊費などは各自の負担となります。

 

【その他】

・伴奏者はこちらでもご用意が御座いますが、御同伴頂く事も可能です

(またオーディション時にテンポやアゴーギグなど、伴奏者との打ち合わせも出来ます様に時間を取る様にします)

・オーデョションの結果、ご希望のキャストでは無いキャスト、またはアンダーキャストを依頼する場合があり、改めてこちらよりご連絡致する事が御座います。その時点で御出演の可否などお知らせ下さい。

・オーディションは録音ならびに録画させて頂く場合がございます。またそれらは内部資料としてのみ使用し、外部に発表する事は御座いません。

・ベノア、アルチンドロ、パルピニョールの方は、事前に当日歌唱される曲の楽譜を送付頂きます。(PDFデータをお持ちでしたら、メール送信でも受付致します)

・またご不明点など御座いましたらmiyako_opera@yahoo.co.jpまでお問い合わせ下さい。

・要項pdfはhttps://yahoo.jp/box/cjBZvqからダウンロード可能です。

 

 

2018年

1月

05日

オーディション開催告知!

明けましておめでとう御座います。

いよいよ2018年になりました。

2013年より公演を続けて参りました当団体も、次の公演で第5回という節目になりました。

ついに念願の「ボエーム」公演。

これまで以上に大掛かりな、そして大変な運営になるかと思いますが、5回目の記念公演と位置づけまして、初のオーディションを行い、公募キャストによる公演となりました。

オーディションは3月14日に西宮市内にて行う予定で、今要項作成の最終段階に入っております。

出来上がり次第お知らせ致しますので、今暫くお待ち下さい。

本年も何卒宜しくお願い申し上げます!

 

2017年

4月

10日

本番終了!

 

あっという間に一週間経ってしまいましたが、4月2日に定期公演「メリー・ウィドゥ」無事に終える事が出来ました。
これまで公演を行って参りましたホールの規模を考えると、大東のサーティホールというのはこれまでより遥かにキャパシティが大きく、様々な準備などが追いつかず本番前ラスト1週間は一刻の猶予もない程のバタバタでした。
そんな中でも出演キャストやホールスタッフ、舞台スタッフの皆様に支えて頂きながらも何とか本番を無事終える事が出来ました事、心より御礼申し上げます。


春らしい天候になった当日はお客様も多くご来場下さり、今回初めて使用致しましたエレクトーンの演奏も非常に好評で、公演が終わった今は「全ての苦労は報われた!」という気持ちが溢れております。
次の定期公演までは1年半以上あり、これから小さな公演を含め、また少しずつ準備を始めて参ります。
今後とも、みやこオペラ京都にご理解、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。
ありがとうございました。

 

 

0 コメント

2017年

3月

31日

稽古終了!

昨夜のリハーサルを持ちまして、全ての稽古が終了しました。

最後の最後は恒例?の音楽稽古で締め、となりました。

立ち稽古を進めていく過程において、段々音楽的な面のが曖昧になったり、いつの間にか以前と変わってしまっている事の確認、打ち合わせ、という作業です。

 

これで稽古場を離れ、本日よりいよいよ小屋入りとなります。

公演まであと数日。

出演者一同焦りもあるのですが「あと数日なんて信じられない!」「いや、あくまで”来月”だと思って落ち着こう!」「いやいや、もっと言うと、来年(度)の本番だ、時間はまだまだある!」という出演者同士の会話も。

 

まだ少し寒さが残る週末になりそうですが、日曜の午後のひととき、是非大東市・サーティホールまでお越し下さい。

出演者一同お待ちしております!

 

 

 

0 コメント

2017年

3月

30日

稽古終了!

本日の投稿は写真がありません。

今夜の稽古で、いわゆるリハーサルを終え、稽古場での作業を全て終えました。

総決算の夜コマでは、立ち稽古でいい加減になっていたり、いつの間にか変わってしまっていた所を音楽的な部分でチェック。

そして明日は午後に小屋入りしてまずエレクトーンとピアノの最終リハーサル。

夜コマはキャストとの合わせになります。

まだチケットは販売しておりまので、お近くの出演者、またはみやこオペラ京都までご連絡下さい!

 

 

0 コメント

2017年

3月

17日

稽古再開!

約10日のオフ期間を経て、稽古が再開されました。

なかなかスケジュールが揃わなかったソリスト陣も、昨夜はついにセプテット行進曲(あれ?8名いる???)も「全員集合!」のかけ声とともに稽古が始まります。

1回通した後は若手からベテランまで分け隔てなく全員酸欠状態に。。。

皆さん、頑張っておられます!

さて、本番の完成度はいかに!?

 

4/2の午後、是非大東市・サーティホールまでお越し下さい!

チケットはサーティホール、大東楽器、そして出演者も扱っております!

(もちろん本部でも販売しておりますので miyako_opera@yahoo.co.jp にてご注文を受け付けております)

- -

【公演概要】

みやこオペラ京都 第4回定期公演

     

F.レハール作曲 喜歌劇「メリー・ウィドゥ」

(全3幕 ピアノとエレクトーン伴奏による日本語公演)

 

日時:2017年4月2日(日) 13時開演

場所:大東市サーティホール 大ホール 

(JR学研都市線 住道駅下車 徒歩6分)

 

チケット:4,500円(当日500円増し)※全自由席

 

 【スタッフ】

<指揮> 金丸 克己  <演出> 澤脇 達晴  <合唱指揮>高谷 光信

<演奏> 西尾 麻貴(ピアノ) 亀井 杏菜(エレクトーン)

 

【キャスト】

ハンナ・グラヴァリ:納谷 知佐

ミルコ・ツェータ男爵:仲田 尋一

ヴァランシェンヌ:矢野 文香

ダニロ・ダニロヴィッチ伯爵:晴 雅彦

カミーユ:矢野 勇志

カスカーダ:石川 太一

ラウール・ド・サンブリウォッシュ:福西 仁

ボグダノヴィッチ:北村 僚真

シルヴィアーヌ:眞弓 理那

ニエグシュ:岡田 力(兵庫県立ピッコロ劇団)

プリチッチュ:榎 大輔

プラシコヴィア:奥田 敏子

クロモウ:近藤 勇斗

オルガ:石津 沙紀

 

グリゼット:佐々木 ひかる、長谷川 紗希、岡田 真由子、長太優子、飯田 有紀、冨岡 晶子

 

 

 

0 コメント

2017年

3月

06日

集中稽古!

立ち稽古第2クールが始まりました!

思い出し自主稽古の後、演出家が来阪され、前回出来なかった部分の立ち稽古となりました。

そして学校行事などで2月まで参加出来なかった、未来を担う超若手ソリスト達も稽古場にやってきて、合唱参加コマなどは参加人数も多く非常に活気づいた稽古場となっております。

この土日の4コマ稽古で殆どの場面の演出プランが示され、10日ほどの稽古お休みの期間に各自で演技を熟成させる時間、となります。

第3クールから本番までノンストップですので、この期間に出演者、スタッフも「本番への最終準備」をしておく期間という感じでしょうか。

出演者だけではなく、音楽、演出スタッフもこの稽古休み期間は、稽古日以上に走り回る日々、かも知れません。

今回の公演会場はこれまでで一番広く、とても楽しみな反面、本番の舞台が客席からどう見えるのかという事もあり、関係者一同ドキドキな日々を過ごす事となります。

 

0 コメント

2017年

2月

21日

打ち合わせ中!

立ち稽古に先駆け、大阪某所にて澤脇演出家と八乙女演出助手で打ち合わせ。

今回の「メリー」は出演人数が多いですから、前もってきちんと整理して稽古に入ろう!との試み。

結果、5時間の打ち合わせでも最後までたどり着かず!残念!

残りは稽古の細かい隙間でやって参ります。

3月から稽古は本格化していきます。

 

0 コメント

2017年

2月

13日

立ち稽古開始!

いよいよ「メリー・ウィドゥ」の立ち稽古が始まりました。

初日から、出席メンバーで出来る部分をどんどん進めていきます。

週末の2コマで、合唱部分を中心に粗立ち(ざっくりとした演出プランの提示)を行いました。

(写真中心は納谷ハンナ、左側には演技指導中の澤脇演出家)

4年目、5回目の公演にして、ようやく初回稽古から現場がスムーズに回っている感触で、このまま4/2の本番まで一気に吹き上がって行けるようにせねばなりません。

次回以降の写真掲載になりますが、佐々木ひかる隊長率いるグリゼットの踊りにも注目です。

今後も定期的に現場写真をお届けして参ります!

 

 

0 コメント

2018年

10月

05日

橘アルチンドロからのメッセージです

2018年

10月

03日

中川パルピニョールからのメッセージです

2018年

9月

28日

井元ショナールからのメッセージです

2018年

9月

24日

大西コッリーネからのメッセージです

2018年

9月

22日

河村ロドルフォからのメッセージです

2018年

9月

21日

立ち稽古 vo.2

児童合唱も入っての立ち稽古でした。

この写真は立ち位置記録用、という事で撮影したのですが、余りにも皆さんの表情や雰囲気が良くて今回のブログに使用致しました。

2幕の稽古は出演人数も多く大変ですが、稽古場のエネルギーも高くて充実した時間となっております。

本日から4日連続の稽古。

どんどん固めて参りましょう!

 

2018年

9月

17日

立ち稽古 vol.1

粗立ち期間も終わり、立ち稽古の日々に入りました。

写真は2幕稽古中のスナップ。

毎日曇天か雨天で稽古場の湿気も凄い中で、出演者、スタッフ共に試行錯誤頑張っております。

あとは細かい部分をどんどん詰めていって、完成度を高める期間。

今夜は合唱部分の立ち稽古です!

2018年

9月

11日

嶋本ベノアからのメッセージです

2018年

9月

10日

粗立ち稽古 vo.4

粗立ちも進んで参りました。

昨夜はいよいよ児童合唱も合流し、ソリストや大人の合唱との初めての稽古になります。

写真のセンターにいるのは児童合唱をご指導されている添田先生。

2幕では教え子達と一緒に舞台に出る事になりました。

可愛い子供が沢山登場します2幕。

18分の一番短い幕ですが、是非お楽しみに!

 

2018年

9月

08日

中西ムゼッタからのメッセージです

2018年

9月

04日

粗立ち稽古 vol.3

粗立ち稽古もだんだんと進んで参りました。

昨夜は嶋本ベノアの部分、、、つまり1幕の家賃取り立てのシーンを作って行きました。

写真左より大西コッリーネ、欠席のショナール代役八乙女演出家、嶋本ベノア、河村ロドルフォ、菅野マルチェロ。

毎回ごとに、予想もしない変化球を放り込んで来る嶋本ベノアに現場は笑いがこぼれます。

本番はどういうぶっ込みががあるのか、ドキドキですが短いながらも濃いこのシーン、是非お見逃し無く!

 

2018年

9月

03日

合唱立ち稽古開始!

昨日、いよいよ合唱の立ち稽古が始まりました。

写真の右手におります八乙女演出家(青い服)より、まずざっくりとしたステージの説明から始まり、合唱団員それぞれに「物売り」「町歩きを楽しんでいる人」「カフェでカードゲームをしている人」などの役割を振っていき、おのおのが動線など干渉したりしないか確かめながら稽古が進んできます。

 

本番まであと1ヶ月と5日となりましたが、アルト、テノール、バリトンの各1名程度の募集をしております。

もしご興味が御座いましたら、miyako_opera@yahoo.co.jpまで是非ご連絡下さいませ。

こちらより折り返し稽古日程や諸条件をお送りさせて頂きます。

 

2018年

8月

25日

菅野マルチェロからのメッセージです

2018年

8月

22日

粗立ち稽古 vol.2!

前回のミミ、ロドルフォに続いて、今回は中西ムゼッタと菅野マルチェロのスナップショット。

前回と同じく、2人の表情やマルチェロがムゼッタ腕を持っている事で、どこのシーンの稽古かお分りになるかも知れません。

写真では演技上厳しい表情のお2人ですが、稽古場の端っこでは演技の相談などで談笑しているカップル。

本番までのあと1ヶ月半で、最終的にどのような雰囲気になるのかとても楽しみです!

 

2018年

8月

19日

粗立ち稽古!

いよいよ立ち稽古が始まりました!
まずは「粗立ち」と言う演出家の方向性や、ざっくりとやりたい事を示す粗めの稽古から始まります。

写真は長良ミミと河村ロドルフォ。

物語をご存知の方なら、切なげなお二人の表情で何幕のどのシーンかお分かりになるかも知れません。

これからも稽古のオフショットは随時掲載予定です!

2018年

8月

18日

長良ミミからのメッセージです!

本日より立ち稽古が始まりました!
ミミの長良さんより皆様へ、メッセージをお届け致します!

2018年

8月

17日

ソリスト合唱合同リハーサル!

初回のリハーサルから約2週間。
ソリストと合唱に分かれて行って参りましたリハーサルも、昨夜は合同で稽古が進められました。

初回の合同稽古で良く有る事なのですが、ソリストに聴き惚れて落ちてしまう(=歌うべき所を忘れて通過してしまう)合唱の方多数。

 

写真は前列がソリストで、手前より長良ミミ、河村ロドルフォ、大西コッリーネ、井元ショナール、菅野マルチェッロ、立っているお二人が中西ムゼッタ、橘アルチンドロ、そして中川パルピニョール、というスナップ。

いよいよ明日から立ち稽古!

今回も各ソリストからのビデオメッセージを配信予定です!

 

2018年

8月

16日

児童合唱稽古!

ソリスト、合唱団の稽古に続き、児童合唱団「ふぃるふぃ〜る」のリハーサルも始まりました。

いつもご指導されている鈴木、添田両先生のリードのもと、恐らくイタリア語を初めて発音する児童合唱の子供達にも「La Ritirata!の”リ”は巻き舌で!」とか発音を説明しながら進んでいきます!

今週末より立ち稽古も予定しており、公演まであと約50日になりました。

 

今回は初めての指定席販売(一部自由席もあり)となっており、センターブロックから売れております。

チケットのお求めは、miyako_opera@yahoo.co.jpまでお申し込み下さいますと、こちらより返信させて頂きます。

(前の方とか中央寄り、とかコメント頂けますとその時点で出来るだけ沿う席をご用意させて頂きます)

 

2018年

8月

02日

合唱稽古開始!

昨日のソリスト音楽稽古に続いて、本日は合唱稽古も開始されました。

過去の「メリー・ウィドゥ」や「蝶々夫人」公演以来のお久しぶりの方や、本日初めましての方まで。

当公演の合唱団員はまだ募集しておりますので、ご興味の有る方はウェブサイトのメールフォームからお知らせ頂けます様お願い致します。

2018年

8月

01日

稽古初日!

10月公演「ラ・ボエーム」の稽古初日でした。

部屋の大きさとカメラの画角の関係で長良ミミが見切れてしまっており、かなり暑苦しいスナップではございます。

(男性キャストに囲まれて困惑中の中西ムゼッタ、という感じ?)

明日は合唱音楽稽古も始まり、リハーサルもこれから本格化してゆきます。

 

 

2018年

4月

18日

ボエームキャスト発表

2018年

1月

18日

オーディション要項

みやこオペラ京都 第5回定期公演「ラ・ボエーム」

オーディション実施要項

 

 

 若手歌手がいち早く実践的に舞台経験出来るようにと2013年に「椿姫」にて旗揚げされました当団体も「蝶々夫人」「魔笛」「泣いた赤鬼」「メリー・ウィドゥ」と定期的にオペラ公演を実施し、201810月の第5回定期公演はプッチーニの代表作であります「ラ・ボエーム」を上演する事になりました。

 これまでオーディションはせずにキャスティングを行って参りましたが、定期公演として5回目の節目でもあり、今公演は幅広い方々よりのご参加を募りたくオーディションを行う事に致しました。

 つきましては下記の内容にて参加者の公募を行いたく告知致します。

 

 

【公演名】

みやこオペラ京都 第5回記念定期公演 プッチーニ作曲「ラ・ボエーム」全4幕

(ピアノとエレクトーン伴奏による原語公演)

 

【公演日時】  

2018108(月・祝) 13時開演(予定)

 

【公演場所】

大東市・サーティーホール(1202席)

所在地: 574-0037 大阪府大東市新町13-30

電話: 072-873-0030

 

【募集キャスト(オーディション歌唱部分)】※リコルディ版ヴォーカルスコアによる

ミミ:p69(L-3)Si mischiamo Mimi」〜P74importunate」/p181(L-2)C’e Rodolfo?~P186Marcello?

ムゼッタ:P130Quando me’n vo」〜P139(Or convien liberarsi del vecchio!)

ロドルフォ:P64Che gelida manina」〜P69Vi piaccia dir!」/P228O Mimi tu più non torni」〜P231(L-2)morto amor…

ショナール:P25E mi presento」〜P32(L-3)ma si pranzi fuor!

マルチェロ:P140Gioventù mia」〜P143ad aprir!」/P 228Io non so come sia」〜P231vil mio cuor…

コッリーネ:P258Vecchia zimarra,senti」〜P259(L-4)addio,addio

ベノア:任意のアリア

アルチンドロ:任意のアリア

パルピニョール:任意のアリア

暗譜でなくても結構です。また当日は歌唱範囲を指定させて頂く事がございます。

 

 

【オーディション日時/会場】

2018314日() 19時開始予定

会場:西宮市・中央公民館講堂(控室:401集会室)

 

【応募資格】

次の①~⑤の条件を満たす方に限ります

 

 音楽大学卒業、またはそれと同等の歌唱、演技スキルをお持ちの方

 原則として、公演日(2018108日)に39歳未満であり、心身ともに健康な方

 主催の指定する日時・会場で、稽古及び公演に参加できる方

 チケット販売に協力頂ける方

 電話やメールなどでの連絡のやり取りが円滑に行える方

 

【稽古概要】

8月より音楽稽古数回のあと、20回前後の立ち稽古を予定しております

また粗通し(9月30日)、通し稽古(103日)、オケ合わせ(106日を予定)、G.P107日)には出席必須ですので、この日程に稽古参加できない方は原則応募できません事、あらかじめご了承ください。

 

【審査員】

金丸 克己(当該公演責任者)、 八乙女 空(当該公演演出家)

 

【オーディション伴奏】

西尾 麻貴

 

【オーデョション参加費用】

無料(ピアノ伴奏料金も無料)

 

【申込方法】

miyako_opera@yahoo.co.jpまで「【ボエーム】オーディション申し込み」とメールタイトルにて、下記内容を本文に記入の上送信下さい。

 

1.お名前(ふりがな)

2.生年月日(公演日基準での年齢)

3.出演希望キャスト名

4.ご卒業大学、これまでに師事した先生など

5.歌った事のあるレパートリーなど(記入任意)

6.当日の伴奏者のご同伴(有/無)※有る場合伴奏者名

7.希望キャスト以外での出演(可/非)※オーディション後、改めてご出演の可否の確認有

8.連絡の取れる電話番号(必須)、メールアドレス(必須)、ご住所(任意)

(9.ベノア、アルチンドロ、パルピニョールの方は当日歌唱のアリア曲名)

 

締め切り:201837日(水)23:59到着分まで(締め切り後のエントリーは無効です)

メールをお送り頂きますと、こちらより必ずオーディション番号などをお書きしたエントリー確認メールを返信致します。

またエントリー後3日以内に返信メールが届きません場合、大変お手数ですが再度のご連絡をお願い致します。

また、結果の発表は3月20日にみやこオペラ京都公式サイト内「Ope-log」にてオーディション番号を掲示させて頂き、該当者にはこちらより改めてご連絡差し上げます。

 

【チケット負担、出演料について】

大変心苦しいのですが、今公演はチケット販売(前売り券:4,500円)のご負担が御座います。

 

ミミ、ムゼッタ:45枚

ロドルフォ:35枚

マルチェロ、コリーネ:25枚

ショナール:20枚

ベノア、アルチンドロ:15枚

パルピニョール:12枚

(上記ご負担枚数を超えての販売に関しましては、1枚につき500円の販売手数料をお支払い致します)

 

また、チケット代金は2度の分納になり「立ち稽古初日」と「通し稽古日」に、ゆうちょ銀行送金にてお支払い下さい。

ご出演謝金を本番当日にお支払い予定ですが、稽古や本番に掛かる交通費、宿泊費などは各自の負担となります。

 

【その他】

・伴奏者はこちらでもご用意が御座いますが、御同伴頂く事も可能です

(またオーディション時にテンポやアゴーギグなど、伴奏者との打ち合わせも出来ます様に時間を取る様にします)

・オーデョションの結果、ご希望のキャストでは無いキャスト、またはアンダーキャストを依頼する場合があり、改めてこちらよりご連絡致する事が御座います。その時点で御出演の可否などお知らせ下さい。

・オーディションは録音ならびに録画させて頂く場合がございます。またそれらは内部資料としてのみ使用し、外部に発表する事は御座いません。

・ベノア、アルチンドロ、パルピニョールの方は、事前に当日歌唱される曲の楽譜を送付頂きます。(PDFデータをお持ちでしたら、メール送信でも受付致します)

・またご不明点など御座いましたらmiyako_opera@yahoo.co.jpまでお問い合わせ下さい。

・要項pdfはhttps://yahoo.jp/box/cjBZvqからダウンロード可能です。

 

 

2018年

1月

05日

オーディション開催告知!

明けましておめでとう御座います。

いよいよ2018年になりました。

2013年より公演を続けて参りました当団体も、次の公演で第5回という節目になりました。

ついに念願の「ボエーム」公演。

これまで以上に大掛かりな、そして大変な運営になるかと思いますが、5回目の記念公演と位置づけまして、初のオーディションを行い、公募キャストによる公演となりました。

オーディションは3月14日に西宮市内にて行う予定で、今要項作成の最終段階に入っております。

出来上がり次第お知らせ致しますので、今暫くお待ち下さい。

本年も何卒宜しくお願い申し上げます!

 

2017年

4月

10日

本番終了!

 

あっという間に一週間経ってしまいましたが、4月2日に定期公演「メリー・ウィドゥ」無事に終える事が出来ました。
これまで公演を行って参りましたホールの規模を考えると、大東のサーティホールというのはこれまでより遥かにキャパシティが大きく、様々な準備などが追いつかず本番前ラスト1週間は一刻の猶予もない程のバタバタでした。
そんな中でも出演キャストやホールスタッフ、舞台スタッフの皆様に支えて頂きながらも何とか本番を無事終える事が出来ました事、心より御礼申し上げます。


春らしい天候になった当日はお客様も多くご来場下さり、今回初めて使用致しましたエレクトーンの演奏も非常に好評で、公演が終わった今は「全ての苦労は報われた!」という気持ちが溢れております。
次の定期公演までは1年半以上あり、これから小さな公演を含め、また少しずつ準備を始めて参ります。
今後とも、みやこオペラ京都にご理解、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。
ありがとうございました。

 

 

0 コメント

2017年

3月

31日

稽古終了!

昨夜のリハーサルを持ちまして、全ての稽古が終了しました。

最後の最後は恒例?の音楽稽古で締め、となりました。

立ち稽古を進めていく過程において、段々音楽的な面のが曖昧になったり、いつの間にか以前と変わってしまっている事の確認、打ち合わせ、という作業です。

 

これで稽古場を離れ、本日よりいよいよ小屋入りとなります。

公演まであと数日。

出演者一同焦りもあるのですが「あと数日なんて信じられない!」「いや、あくまで”来月”だと思って落ち着こう!」「いやいや、もっと言うと、来年(度)の本番だ、時間はまだまだある!」という出演者同士の会話も。

 

まだ少し寒さが残る週末になりそうですが、日曜の午後のひととき、是非大東市・サーティホールまでお越し下さい。

出演者一同お待ちしております!

 

 

 

0 コメント

2017年

3月

30日

稽古終了!

本日の投稿は写真がありません。

今夜の稽古で、いわゆるリハーサルを終え、稽古場での作業を全て終えました。

総決算の夜コマでは、立ち稽古でいい加減になっていたり、いつの間にか変わってしまっていた所を音楽的な部分でチェック。

そして明日は午後に小屋入りしてまずエレクトーンとピアノの最終リハーサル。

夜コマはキャストとの合わせになります。

まだチケットは販売しておりまので、お近くの出演者、またはみやこオペラ京都までご連絡下さい!

 

 

0 コメント

2017年

3月

17日

稽古再開!

約10日のオフ期間を経て、稽古が再開されました。

なかなかスケジュールが揃わなかったソリスト陣も、昨夜はついにセプテット行進曲(あれ?8名いる???)も「全員集合!」のかけ声とともに稽古が始まります。

1回通した後は若手からベテランまで分け隔てなく全員酸欠状態に。。。

皆さん、頑張っておられます!

さて、本番の完成度はいかに!?

 

4/2の午後、是非大東市・サーティホールまでお越し下さい!

チケットはサーティホール、大東楽器、そして出演者も扱っております!

(もちろん本部でも販売しておりますので miyako_opera@yahoo.co.jp にてご注文を受け付けております)

- -

【公演概要】

みやこオペラ京都 第4回定期公演

     

F.レハール作曲 喜歌劇「メリー・ウィドゥ」

(全3幕 ピアノとエレクトーン伴奏による日本語公演)

 

日時:2017年4月2日(日) 13時開演

場所:大東市サーティホール 大ホール 

(JR学研都市線 住道駅下車 徒歩6分)

 

チケット:4,500円(当日500円増し)※全自由席

 

 【スタッフ】

<指揮> 金丸 克己  <演出> 澤脇 達晴  <合唱指揮>高谷 光信

<演奏> 西尾 麻貴(ピアノ) 亀井 杏菜(エレクトーン)

 

【キャスト】

ハンナ・グラヴァリ:納谷 知佐

ミルコ・ツェータ男爵:仲田 尋一

ヴァランシェンヌ:矢野 文香

ダニロ・ダニロヴィッチ伯爵:晴 雅彦

カミーユ:矢野 勇志

カスカーダ:石川 太一

ラウール・ド・サンブリウォッシュ:福西 仁

ボグダノヴィッチ:北村 僚真

シルヴィアーヌ:眞弓 理那

ニエグシュ:岡田 力(兵庫県立ピッコロ劇団)

プリチッチュ:榎 大輔

プラシコヴィア:奥田 敏子

クロモウ:近藤 勇斗

オルガ:石津 沙紀

 

グリゼット:佐々木 ひかる、長谷川 紗希、岡田 真由子、長太優子、飯田 有紀、冨岡 晶子

 

 

 

0 コメント

2017年

3月

06日

集中稽古!

立ち稽古第2クールが始まりました!

思い出し自主稽古の後、演出家が来阪され、前回出来なかった部分の立ち稽古となりました。

そして学校行事などで2月まで参加出来なかった、未来を担う超若手ソリスト達も稽古場にやってきて、合唱参加コマなどは参加人数も多く非常に活気づいた稽古場となっております。

この土日の4コマ稽古で殆どの場面の演出プランが示され、10日ほどの稽古お休みの期間に各自で演技を熟成させる時間、となります。

第3クールから本番までノンストップですので、この期間に出演者、スタッフも「本番への最終準備」をしておく期間という感じでしょうか。

出演者だけではなく、音楽、演出スタッフもこの稽古休み期間は、稽古日以上に走り回る日々、かも知れません。

今回の公演会場はこれまでで一番広く、とても楽しみな反面、本番の舞台が客席からどう見えるのかという事もあり、関係者一同ドキドキな日々を過ごす事となります。

 

0 コメント

2017年

2月

21日

打ち合わせ中!

立ち稽古に先駆け、大阪某所にて澤脇演出家と八乙女演出助手で打ち合わせ。

今回の「メリー」は出演人数が多いですから、前もってきちんと整理して稽古に入ろう!との試み。

結果、5時間の打ち合わせでも最後までたどり着かず!残念!

残りは稽古の細かい隙間でやって参ります。

3月から稽古は本格化していきます。

 

0 コメント

2017年

2月

13日

立ち稽古開始!

いよいよ「メリー・ウィドゥ」の立ち稽古が始まりました。

初日から、出席メンバーで出来る部分をどんどん進めていきます。

週末の2コマで、合唱部分を中心に粗立ち(ざっくりとした演出プランの提示)を行いました。

(写真中心は納谷ハンナ、左側には演技指導中の澤脇演出家)

4年目、5回目の公演にして、ようやく初回稽古から現場がスムーズに回っている感触で、このまま4/2の本番まで一気に吹き上がって行けるようにせねばなりません。

次回以降の写真掲載になりますが、佐々木ひかる隊長率いるグリゼットの踊りにも注目です。

今後も定期的に現場写真をお届けして参ります!

 

 

0 コメント

2018年

10月

05日

橘アルチンドロからのメッセージです

2018年

10月

03日

中川パルピニョールからのメッセージです

2018年

9月

28日

井元ショナールからのメッセージです

2018年

9月

24日

大西コッリーネからのメッセージです

2018年

9月

22日

河村ロドルフォからのメッセージです

2018年

9月

21日

立ち稽古 vo.2

児童合唱も入っての立ち稽古でした。

この写真は立ち位置記録用、という事で撮影したのですが、余りにも皆さんの表情や雰囲気が良くて今回のブログに使用致しました。

2幕の稽古は出演人数も多く大変ですが、稽古場のエネルギーも高くて充実した時間となっております。

本日から4日連続の稽古。

どんどん固めて参りましょう!

 

2018年

9月

17日

立ち稽古 vol.1

粗立ち期間も終わり、立ち稽古の日々に入りました。

写真は2幕稽古中のスナップ。

毎日曇天か雨天で稽古場の湿気も凄い中で、出演者、スタッフ共に試行錯誤頑張っております。

あとは細かい部分をどんどん詰めていって、完成度を高める期間。

今夜は合唱部分の立ち稽古です!

2018年

9月

11日

嶋本ベノアからのメッセージです

2018年

9月

10日

粗立ち稽古 vo.4

粗立ちも進んで参りました。

昨夜はいよいよ児童合唱も合流し、ソリストや大人の合唱との初めての稽古になります。

写真のセンターにいるのは児童合唱をご指導されている添田先生。

2幕では教え子達と一緒に舞台に出る事になりました。

可愛い子供が沢山登場します2幕。

18分の一番短い幕ですが、是非お楽しみに!

 

2018年

9月

08日

中西ムゼッタからのメッセージです

2018年

9月

04日

粗立ち稽古 vol.3

粗立ち稽古もだんだんと進んで参りました。

昨夜は嶋本ベノアの部分、、、つまり1幕の家賃取り立てのシーンを作って行きました。

写真左より大西コッリーネ、欠席のショナール代役八乙女演出家、嶋本ベノア、河村ロドルフォ、菅野マルチェロ。

毎回ごとに、予想もしない変化球を放り込んで来る嶋本ベノアに現場は笑いがこぼれます。

本番はどういうぶっ込みががあるのか、ドキドキですが短いながらも濃いこのシーン、是非お見逃し無く!

 

2018年

9月

03日

合唱立ち稽古開始!

昨日、いよいよ合唱の立ち稽古が始まりました。

写真の右手におります八乙女演出家(青い服)より、まずざっくりとしたステージの説明から始まり、合唱団員それぞれに「物売り」「町歩きを楽しんでいる人」「カフェでカードゲームをしている人」などの役割を振っていき、おのおのが動線など干渉したりしないか確かめながら稽古が進んできます。

 

本番まであと1ヶ月と5日となりましたが、アルト、テノール、バリトンの各1名程度の募集をしております。

もしご興味が御座いましたら、miyako_opera@yahoo.co.jpまで是非ご連絡下さいませ。

こちらより折り返し稽古日程や諸条件をお送りさせて頂きます。

 

2018年

8月

25日

菅野マルチェロからのメッセージです

2018年

8月

22日

粗立ち稽古 vol.2!

前回のミミ、ロドルフォに続いて、今回は中西ムゼッタと菅野マルチェロのスナップショット。

前回と同じく、2人の表情やマルチェロがムゼッタ腕を持っている事で、どこのシーンの稽古かお分りになるかも知れません。

写真では演技上厳しい表情のお2人ですが、稽古場の端っこでは演技の相談などで談笑しているカップル。

本番までのあと1ヶ月半で、最終的にどのような雰囲気になるのかとても楽しみです!

 

2018年

8月

19日

粗立ち稽古!

いよいよ立ち稽古が始まりました!
まずは「粗立ち」と言う演出家の方向性や、ざっくりとやりたい事を示す粗めの稽古から始まります。

写真は長良ミミと河村ロドルフォ。

物語をご存知の方なら、切なげなお二人の表情で何幕のどのシーンかお分かりになるかも知れません。

これからも稽古のオフショットは随時掲載予定です!

2018年

8月

18日

長良ミミからのメッセージです!

本日より立ち稽古が始まりました!
ミミの長良さんより皆様へ、メッセージをお届け致します!

2018年

8月

17日

ソリスト合唱合同リハーサル!

初回のリハーサルから約2週間。
ソリストと合唱に分かれて行って参りましたリハーサルも、昨夜は合同で稽古が進められました。

初回の合同稽古で良く有る事なのですが、ソリストに聴き惚れて落ちてしまう(=歌うべき所を忘れて通過してしまう)合唱の方多数。

 

写真は前列がソリストで、手前より長良ミミ、河村ロドルフォ、大西コッリーネ、井元ショナール、菅野マルチェッロ、立っているお二人が中西ムゼッタ、橘アルチンドロ、そして中川パルピニョール、というスナップ。

いよいよ明日から立ち稽古!

今回も各ソリストからのビデオメッセージを配信予定です!

 

2018年

8月

16日

児童合唱稽古!

ソリスト、合唱団の稽古に続き、児童合唱団「ふぃるふぃ〜る」のリハーサルも始まりました。

いつもご指導されている鈴木、添田両先生のリードのもと、恐らくイタリア語を初めて発音する児童合唱の子供達にも「La Ritirata!の”リ”は巻き舌で!」とか発音を説明しながら進んでいきます!

今週末より立ち稽古も予定しており、公演まであと約50日になりました。

 

今回は初めての指定席販売(一部自由席もあり)となっており、センターブロックから売れております。

チケットのお求めは、miyako_opera@yahoo.co.jpまでお申し込み下さいますと、こちらより返信させて頂きます。

(前の方とか中央寄り、とかコメント頂けますとその時点で出来るだけ沿う席をご用意させて頂きます)

 

2018年

8月

02日

合唱稽古開始!

昨日のソリスト音楽稽古に続いて、本日は合唱稽古も開始されました。

過去の「メリー・ウィドゥ」や「蝶々夫人」公演以来のお久しぶりの方や、本日初めましての方まで。

当公演の合唱団員はまだ募集しておりますので、ご興味の有る方はウェブサイトのメールフォームからお知らせ頂けます様お願い致します。

2018年

8月

01日

稽古初日!

10月公演「ラ・ボエーム」の稽古初日でした。

部屋の大きさとカメラの画角の関係で長良ミミが見切れてしまっており、かなり暑苦しいスナップではございます。

(男性キャストに囲まれて困惑中の中西ムゼッタ、という感じ?)

明日は合唱音楽稽古も始まり、リハーサルもこれから本格化してゆきます。

 

 

2018年

4月

18日

ボエームキャスト発表

2018年

1月

18日

オーディション要項

みやこオペラ京都 第5回定期公演「ラ・ボエーム」

オーディション実施要項

 

 

 若手歌手がいち早く実践的に舞台経験出来るようにと2013年に「椿姫」にて旗揚げされました当団体も「蝶々夫人」「魔笛」「泣いた赤鬼」「メリー・ウィドゥ」と定期的にオペラ公演を実施し、201810月の第5回定期公演はプッチーニの代表作であります「ラ・ボエーム」を上演する事になりました。

 これまでオーディションはせずにキャスティングを行って参りましたが、定期公演として5回目の節目でもあり、今公演は幅広い方々よりのご参加を募りたくオーディションを行う事に致しました。

 つきましては下記の内容にて参加者の公募を行いたく告知致します。

 

 

【公演名】

みやこオペラ京都 第5回記念定期公演 プッチーニ作曲「ラ・ボエーム」全4幕

(ピアノとエレクトーン伴奏による原語公演)

 

【公演日時】  

2018108(月・祝) 13時開演(予定)

 

【公演場所】

大東市・サーティーホール(1202席)

所在地: 574-0037 大阪府大東市新町13-30

電話: 072-873-0030

 

【募集キャスト(オーディション歌唱部分)】※リコルディ版ヴォーカルスコアによる

ミミ:p69(L-3)Si mischiamo Mimi」〜P74importunate」/p181(L-2)C’e Rodolfo?~P186Marcello?

ムゼッタ:P130Quando me’n vo」〜P139(Or convien liberarsi del vecchio!)

ロドルフォ:P64Che gelida manina」〜P69Vi piaccia dir!」/P228O Mimi tu più non torni」〜P231(L-2)morto amor…

ショナール:P25E mi presento」〜P32(L-3)ma si pranzi fuor!

マルチェロ:P140Gioventù mia」〜P143ad aprir!」/P 228Io non so come sia」〜P231vil mio cuor…

コッリーネ:P258Vecchia zimarra,senti」〜P259(L-4)addio,addio

ベノア:任意のアリア

アルチンドロ:任意のアリア

パルピニョール:任意のアリア

暗譜でなくても結構です。また当日は歌唱範囲を指定させて頂く事がございます。

 

 

【オーディション日時/会場】

2018314日() 19時開始予定

会場:西宮市・中央公民館講堂(控室:401集会室)

 

【応募資格】

次の①~⑤の条件を満たす方に限ります

 

 音楽大学卒業、またはそれと同等の歌唱、演技スキルをお持ちの方

 原則として、公演日(2018108日)に39歳未満であり、心身ともに健康な方

 主催の指定する日時・会場で、稽古及び公演に参加できる方

 チケット販売に協力頂ける方

 電話やメールなどでの連絡のやり取りが円滑に行える方

 

【稽古概要】

8月より音楽稽古数回のあと、20回前後の立ち稽古を予定しております

また粗通し(9月30日)、通し稽古(103日)、オケ合わせ(106日を予定)、G.P107日)には出席必須ですので、この日程に稽古参加できない方は原則応募できません事、あらかじめご了承ください。

 

【審査員】

金丸 克己(当該公演責任者)、 八乙女 空(当該公演演出家)

 

【オーディション伴奏】

西尾 麻貴

 

【オーデョション参加費用】

無料(ピアノ伴奏料金も無料)

 

【申込方法】

miyako_opera@yahoo.co.jpまで「【ボエーム】オーディション申し込み」とメールタイトルにて、下記内容を本文に記入の上送信下さい。

 

1.お名前(ふりがな)

2.生年月日(公演日基準での年齢)

3.出演希望キャスト名

4.ご卒業大学、これまでに師事した先生など

5.歌った事のあるレパートリーなど(記入任意)

6.当日の伴奏者のご同伴(有/無)※有る場合伴奏者名

7.希望キャスト以外での出演(可/非)※オーディション後、改めてご出演の可否の確認有

8.連絡の取れる電話番号(必須)、メールアドレス(必須)、ご住所(任意)

(9.ベノア、アルチンドロ、パルピニョールの方は当日歌唱のアリア曲名)

 

締め切り:201837日(水)23:59到着分まで(締め切り後のエントリーは無効です)

メールをお送り頂きますと、こちらより必ずオーディション番号などをお書きしたエントリー確認メールを返信致します。

またエントリー後3日以内に返信メールが届きません場合、大変お手数ですが再度のご連絡をお願い致します。

また、結果の発表は3月20日にみやこオペラ京都公式サイト内「Ope-log」にてオーディション番号を掲示させて頂き、該当者にはこちらより改めてご連絡差し上げます。

 

【チケット負担、出演料について】

大変心苦しいのですが、今公演はチケット販売(前売り券:4,500円)のご負担が御座います。

 

ミミ、ムゼッタ:45枚

ロドルフォ:35枚

マルチェロ、コリーネ:25枚

ショナール:20枚

ベノア、アルチンドロ:15枚

パルピニョール:12枚

(上記ご負担枚数を超えての販売に関しましては、1枚につき500円の販売手数料をお支払い致します)

 

また、チケット代金は2度の分納になり「立ち稽古初日」と「通し稽古日」に、ゆうちょ銀行送金にてお支払い下さい。

ご出演謝金を本番当日にお支払い予定ですが、稽古や本番に掛かる交通費、宿泊費などは各自の負担となります。

 

【その他】

・伴奏者はこちらでもご用意が御座いますが、御同伴頂く事も可能です

(またオーディション時にテンポやアゴーギグなど、伴奏者との打ち合わせも出来ます様に時間を取る様にします)

・オーデョションの結果、ご希望のキャストでは無いキャスト、またはアンダーキャストを依頼する場合があり、改めてこちらよりご連絡致する事が御座います。その時点で御出演の可否などお知らせ下さい。

・オーディションは録音ならびに録画させて頂く場合がございます。またそれらは内部資料としてのみ使用し、外部に発表する事は御座いません。

・ベノア、アルチンドロ、パルピニョールの方は、事前に当日歌唱される曲の楽譜を送付頂きます。(PDFデータをお持ちでしたら、メール送信でも受付致します)

・またご不明点など御座いましたらmiyako_opera@yahoo.co.jpまでお問い合わせ下さい。

・要項pdfはhttps://yahoo.jp/box/cjBZvqからダウンロード可能です。

 

 

2018年

1月

05日

オーディション開催告知!

明けましておめでとう御座います。

いよいよ2018年になりました。

2013年より公演を続けて参りました当団体も、次の公演で第5回という節目になりました。

ついに念願の「ボエーム」公演。

これまで以上に大掛かりな、そして大変な運営になるかと思いますが、5回目の記念公演と位置づけまして、初のオーディションを行い、公募キャストによる公演となりました。

オーディションは3月14日に西宮市内にて行う予定で、今要項作成の最終段階に入っております。

出来上がり次第お知らせ致しますので、今暫くお待ち下さい。

本年も何卒宜しくお願い申し上げます!

 

2017年

4月

10日

本番終了!

 

あっという間に一週間経ってしまいましたが、4月2日に定期公演「メリー・ウィドゥ」無事に終える事が出来ました。
これまで公演を行って参りましたホールの規模を考えると、大東のサーティホールというのはこれまでより遥かにキャパシティが大きく、様々な準備などが追いつかず本番前ラスト1週間は一刻の猶予もない程のバタバタでした。
そんな中でも出演キャストやホールスタッフ、舞台スタッフの皆様に支えて頂きながらも何とか本番を無事終える事が出来ました事、心より御礼申し上げます。


春らしい天候になった当日はお客様も多くご来場下さり、今回初めて使用致しましたエレクトーンの演奏も非常に好評で、公演が終わった今は「全ての苦労は報われた!」という気持ちが溢れております。
次の定期公演までは1年半以上あり、これから小さな公演を含め、また少しずつ準備を始めて参ります。
今後とも、みやこオペラ京都にご理解、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。
ありがとうございました。

 

 

0 コメント

2017年

3月

31日

稽古終了!

昨夜のリハーサルを持ちまして、全ての稽古が終了しました。

最後の最後は恒例?の音楽稽古で締め、となりました。

立ち稽古を進めていく過程において、段々音楽的な面のが曖昧になったり、いつの間にか以前と変わってしまっている事の確認、打ち合わせ、という作業です。

 

これで稽古場を離れ、本日よりいよいよ小屋入りとなります。

公演まであと数日。

出演者一同焦りもあるのですが「あと数日なんて信じられない!」「いや、あくまで”来月”だと思って落ち着こう!」「いやいや、もっと言うと、来年(度)の本番だ、時間はまだまだある!」という出演者同士の会話も。

 

まだ少し寒さが残る週末になりそうですが、日曜の午後のひととき、是非大東市・サーティホールまでお越し下さい。

出演者一同お待ちしております!

 

 

 

0 コメント

2017年

3月

30日

稽古終了!

本日の投稿は写真がありません。

今夜の稽古で、いわゆるリハーサルを終え、稽古場での作業を全て終えました。

総決算の夜コマでは、立ち稽古でいい加減になっていたり、いつの間にか変わってしまっていた所を音楽的な部分でチェック。

そして明日は午後に小屋入りしてまずエレクトーンとピアノの最終リハーサル。

夜コマはキャストとの合わせになります。

まだチケットは販売しておりまので、お近くの出演者、またはみやこオペラ京都までご連絡下さい!

 

 

0 コメント

2017年

3月

17日

稽古再開!

約10日のオフ期間を経て、稽古が再開されました。

なかなかスケジュールが揃わなかったソリスト陣も、昨夜はついにセプテット行進曲(あれ?8名いる???)も「全員集合!」のかけ声とともに稽古が始まります。

1回通した後は若手からベテランまで分け隔てなく全員酸欠状態に。。。

皆さん、頑張っておられます!

さて、本番の完成度はいかに!?

 

4/2の午後、是非大東市・サーティホールまでお越し下さい!

チケットはサーティホール、大東楽器、そして出演者も扱っております!

(もちろん本部でも販売しておりますので miyako_opera@yahoo.co.jp にてご注文を受け付けております)

- -

【公演概要】

みやこオペラ京都 第4回定期公演

     

F.レハール作曲 喜歌劇「メリー・ウィドゥ」

(全3幕 ピアノとエレクトーン伴奏による日本語公演)

 

日時:2017年4月2日(日) 13時開演

場所:大東市サーティホール 大ホール 

(JR学研都市線 住道駅下車 徒歩6分)

 

チケット:4,500円(当日500円増し)※全自由席

 

 【スタッフ】

<指揮> 金丸 克己  <演出> 澤脇 達晴  <合唱指揮>高谷 光信

<演奏> 西尾 麻貴(ピアノ) 亀井 杏菜(エレクトーン)

 

【キャスト】

ハンナ・グラヴァリ:納谷 知佐

ミルコ・ツェータ男爵:仲田 尋一

ヴァランシェンヌ:矢野 文香

ダニロ・ダニロヴィッチ伯爵:晴 雅彦

カミーユ:矢野 勇志

カスカーダ:石川 太一

ラウール・ド・サンブリウォッシュ:福西 仁

ボグダノヴィッチ:北村 僚真

シルヴィアーヌ:眞弓 理那

ニエグシュ:岡田 力(兵庫県立ピッコロ劇団)

プリチッチュ:榎 大輔

プラシコヴィア:奥田 敏子

クロモウ:近藤 勇斗

オルガ:石津 沙紀

 

グリゼット:佐々木 ひかる、長谷川 紗希、岡田 真由子、長太優子、飯田 有紀、冨岡 晶子

 

 

 

0 コメント

2017年

3月

06日

集中稽古!

立ち稽古第2クールが始まりました!

思い出し自主稽古の後、演出家が来阪され、前回出来なかった部分の立ち稽古となりました。

そして学校行事などで2月まで参加出来なかった、未来を担う超若手ソリスト達も稽古場にやってきて、合唱参加コマなどは参加人数も多く非常に活気づいた稽古場となっております。

この土日の4コマ稽古で殆どの場面の演出プランが示され、10日ほどの稽古お休みの期間に各自で演技を熟成させる時間、となります。

第3クールから本番までノンストップですので、この期間に出演者、スタッフも「本番への最終準備」をしておく期間という感じでしょうか。

出演者だけではなく、音楽、演出スタッフもこの稽古休み期間は、稽古日以上に走り回る日々、かも知れません。

今回の公演会場はこれまでで一番広く、とても楽しみな反面、本番の舞台が客席からどう見えるのかという事もあり、関係者一同ドキドキな日々を過ごす事となります。

 

0 コメント

2017年

2月

21日

打ち合わせ中!

立ち稽古に先駆け、大阪某所にて澤脇演出家と八乙女演出助手で打ち合わせ。

今回の「メリー」は出演人数が多いですから、前もってきちんと整理して稽古に入ろう!との試み。

結果、5時間の打ち合わせでも最後までたどり着かず!残念!

残りは稽古の細かい隙間でやって参ります。

3月から稽古は本格化していきます。

 

0 コメント

2017年

2月

13日

立ち稽古開始!

いよいよ「メリー・ウィドゥ」の立ち稽古が始まりました。

初日から、出席メンバーで出来る部分をどんどん進めていきます。

週末の2コマで、合唱部分を中心に粗立ち(ざっくりとした演出プランの提示)を行いました。

(写真中心は納谷ハンナ、左側には演技指導中の澤脇演出家)

4年目、5回目の公演にして、ようやく初回稽古から現場がスムーズに回っている感触で、このまま4/2の本番まで一気に吹き上がって行けるようにせねばなりません。

次回以降の写真掲載になりますが、佐々木ひかる隊長率いるグリゼットの踊りにも注目です。

今後も定期的に現場写真をお届けして参ります!

 

 

0 コメント